アメリカの基本情報

アメリカの基本情報

アメリカ旅行を予定している人のために、アメリカと日本の時差について、治安について、お金、チップについて、注意する点などについて説明していきます。
アメリカは独立した50の州からなっています。
アメリカの国土は日本の25倍ほど、人口は3億人くらいです。
2001年のテロ以降、アメリカへの渡航者は激減していますが、それでも年間30万人以上の日本人がアメリカを訪れている人気の高い渡航先です。

 

日本からアメリカへ行く飛行機は、ロサンゼルスとサンフランシスコとニューヨークとワシントン、シカゴとデトロイト、ダラスとアトランタといった15都市へ直行便が出ています。
一番多い直行便は成田とロサンゼルス間です。
直行便で行った場合、日本からアメリカ西海岸のサンフランシスコやロサンゼルスへ約9時間、帰りは11時間かかります。
東海岸のニューヨークやワシントンへは行きが12時間、帰りが15時間ほどかかります。
気流の関係で帰りの方が時間はかかります。カーコンビニ倶楽部 リース

 

日本とアメリカの時差は14時間から17時間です。
アメリカは広大な土地なので国内でも東西で3時間の時差があります。
アメリカは4つのゾーンに分かれて、それぞれ1時間ずつ時差があるため場所によって違いがあります。
サマータイムが導入されるとさらに時差は変わります。
サマータイムは3月の第2日曜から11月の第1日曜までです。
しかしハワイ州やアリゾナ州など一部サマータイムを導入していないところもあります。